Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラッグとか覚醒剤とか・・・マイルスとかビルエバンスとか・・・

マイルス、ビルエバンス、その他多数(おそらく)のジャズミュージシャンが薬で身を滅ぼしてしまったのは知られた事実。ジャズに限らず、ビートルズだろうがピンクフロイドだろうがクラプトンだろうが、みんなヘロヘロになるほど薬に染まっていた。

音楽やるのにそこまで薬って必要なんだろうか。もちろん、自分では知らない世界なのでわかりようがない。ただ、薬やってなくても、名作は数多く作られているわけで、そう考えると薬は全く関係ないってことなんだろう。実際に、ビルエバンスもマイルスも名作は薬とは関係ないときのものだらけ。

子供のころ、ロックミュージシャンが薬でラリってるとか聞いても別にカッコいいとも思ったこともなかった。むしろ、なぜそういう明らかな廃人への道を選ぶんだろうと不思議だった。

学生のとき、初めてアメリカにいって無名のミュージシャンの野外コンサート行ったら周りの学生がタバコじゃなくてマリファナ(だろうと思う)をプカプカやって聞いてるのに初めて遭遇。で、彼らの顔をみて思った・・・「あれは人間の顔じゃない。知性や理性を取り去った廃人の顔だ」って。

それからかな、薬に染まったミュージシャンの作品に興味がなくなったのは。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。