Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パットメセニーとジャックディジョネット

ジャック・ディジョネットはキースジャレットとのトリオのほうがはるかに好きだけれど、パットメセニーともかなり相性はいい。お互いに相当感性主義というか、理論を排除して演奏するときは、凄い演奏になる。ふたりともガチガチの理論もあるミュージシャンだけれど、それがいい形でなくなるとこうもカッコいいのかってくらいクール。

オーネットコールマンとの演奏なので、主役はコールマンとメセニーなのだけれど、ジャックディジョネットとチャーリーヘイデンもやっぱり目立つ。やたら凄いリズム。パットメセニーのギターが冗談じゃないくらいカッコよく引き立つ。

さすが!


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。