Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クラシックピアノとジャズピアノ

ジャズでピアノは弾いてるけれど、クラシックは全く相性が悪い。
決められた旋律を追うように弾くという作業がダメなので、いくら奏者によって個性が違う演奏があるとはいえ、クラシックは最初からトライしてこなかった。おそらくこれからも、無理だろう。

でも、それでいいんだと思う。
確かに、ビルエバンス、ブラッドメルドー、キースジャレットなどみんなクラシック上がりでものすごいクラシックもうまいけれど、しょせんあそこまでの演奏は最初から不可能。ならば、自分のすきな方向にだけ進めばいいかな・・・とも思う。

クラシックのピアノ奏者でグルダという、モーツアルト弾かせたら最高に独創的で圧倒的な演奏をするピアニストがいた。彼が一度ジャズに走ったことがあったけれど、ジャズでは評価は分かれていた。やっぱり畑の違いなんだろうか。今までクラシックとジャズで両方で巨匠となった人はゼロ。キースやチックコリアもクラシックは弾くけれど、そちらの畑で巨匠ではない。

あこがれはあるけどね・・・クラシックの世界にも。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。