Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬との一日

犬を2頭飼っている。
今日は、近くの公園に散歩に連れて行った。

12歳と9歳だから、特に12歳のほうは犬にしてみたらもうおじいさんなのだろう。子犬のときに飼い始めて、元気一杯でいつもやんちゃだったのが、もう12歳。体力も衰え始めているのは目に見えてきた。人間は80歳くらい平均で生きるけれど、犬は15歳でまあ生きたほうになるんだろう。それは宿命だとしても、とても可愛そうになってしまう。愛犬だから余計にそうなる。元気だった時間が輝いて思い出されるし、その時間が人間にくらべてあまりに短いことが、本当に可愛そうでせつない。でも、もって生まれた運命には逆らえない。時間の差はあれど、それは僕らも同じことだ。

失うことが多くなった年代なんだろう。子供のころは知り合いが他界することもなく、この世を永遠に続くような気持ちで生きていた。でも、今は、次々に後を追うようにして消え去る。

愛犬と出会えたことはやはり幸せなことであった。それは同じ時代に生きた人たちに感謝することとなんら変わりはない。愛犬との時間は心がいつも安らかだった。この時間がある限り、大切に愛犬との出会いに感謝していようとおもった。大げさかもしれないけれど、なぜか本当にそう感じる公園での散歩だった。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。