Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Old Country - Keith Jarrett 名演奏なんだけどなあ・・

キースジャレットは名演奏が多すぎるんだろう。とにかくどのCD聞いてもハズレがない。ビルエバンスもそうだったけれど、演奏のレベルが高いので、どれだけ不調なときでも彼らの演奏には心がしっかり表現されていて感動を覚えてしまう。

キースジャレットのこの曲は名演奏だ!・・・なんて言ってもあまり意味ない。全部いい演奏なんだから。

ということで、名演奏をツベコベ言うのはやめておいて、好きな演奏ってことならこの The Old Countryも大好き。スタンダードトリオが誕生して初めてのライブ録音版に収録されている曲だけれど、アドリブからテーマに戻って、エンディングに入るころからのスローダウンがカッコいい。決まりまくってる。これだけ呼吸のあったトリオって演奏してて楽しいだろうに。

あまりこの曲を紹介したり気に入ったりするファンは多くない・・・っていうか、ほぼゼロ。だけど、やっぱり名演なんだけどね。でも、確かな記憶じゃないけれど、この曲、相当昔の日本の高校の音楽教科書に「別れ」って日本題名で載ってなかったかなあ・・・そんな記憶があるんだけど。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。