Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴奨菊は久しぶりに感動したかな・・・

琴奨菊が優勝って、それだけなら普通に相撲の話だけれど、日本人では10年ぶりってそれほど長い間日本人ではトップにたてなかったわけだ。なんという時代だろうって思った。相撲が日本だけの競技だってのは当たり前だったけれど、いつのまにか外国人にのっとられた形になってたわけだ。それを思うと、やっぱり嬉しくなってしまったかな。僕も日本人でどこかしら国粋主義な部分もあるんだろう。

ジャズ演奏してて時々思うことがあるけれど、日本人やヨーロッパ人がジャズ演奏してて、アメリカ人はどう思うんだろうか。もっと言うなら、白人や黄色人種がジャズやってて、黒人はどう思うんだろうか。しかしよく考えてみればジャズに限らず、バックビートのポップミュージックなんてずべてがブルースやロックンロールを元に生まれてきているわけだから、黒人音楽こそ根源なわけだ。エリッククラプトンもストーンズも誰もが黒人音楽をパクッて演奏して歌ってることになる。

大相撲の現状を見て、真似されてのっとられてしまう寂しさを少し味わってしまったかな。ジャズをやってるわけだから、黒人の先人たちにはやはりいつも尊敬と感謝を持たないとダメってことなんだろうね。




関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。