Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスのジャズロック

大昔になってしまったけれど、学生のころ、イギリスのジャズロックが好きだった。
ブランドX、ブラフォード、ソフトマシーンなんてバンド、今はもうほとんど誰も話題にもしないし、知らないってことだろう。だけれど、当時は追いかけてる音楽ファンも多かった。

アランホールズワースはギターでは誰もが一目置いてたし、フィルコリンズもジェネシスよりブランドXのドラムのほうがはるかにかっこよかった。ビルブラフォードはイエスだのクリムゾンだのUKだの、たくさん転々としたけれど、結局は自分のバンド「ブラフォード」でやりたい音楽に行き着いたんだと思う。ジェフバーリンやデイブスチュワートもこのバンドでは大いに輝いてた。

でも、そんな一時を駆け抜けたUKジャズロックも、いまでは新しいバンドも出てこなくなって、すっかり終わった。
なぜだろうって思い出すと、やっぱり音楽に魂というか心がなかったんだろうね。テクニックだけ見せられても、あまり何度もききたくならないし。本家、アメリカのジャズが何年たっても終わらないのは、そこに音楽の心が深く根ざしているからなんだろうと思う。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。