Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオで聞くジャズとオーディオ評論家の想い出

昔、オーディオ評論家の人と仲良くしていたことがある。しばしば自前の理論ばかり聞かされてちょっと疲れることもあったけれど、家に行くと大きなJBLのスピーカーがあって楽しい時間を過ごしたのも事実。それでジャズを聴きながらよく言ってたのが、小さなスピーカーじゃ20ヘルツの音は出ないからダメなんだとかってこと。BOSEのスピーカーなんぞははなしにならんということで馬鹿にしまくってたなあ。言いたいことはよくわかる。絶対に違いはあるから。でも、音楽にしてもオーディオにしても、結局は自分が好きならそれでOKじゃないのかな・・・とはよく思った。

今は小さなスピーカーでも音は凄い音が出るし、快適なサウンドがPCで十分だせてしまう。MP3プレーヤーでもなんら楽しむには問題ない素晴らしい音質も出る。で、こいいう時代にJBLの20ヘルツが出ないとダメだとかって・・・あまり言っても仕方ないんだろう。巨大なスピーカーで部屋を占拠されて、それだけでも困ってしまうだろうし。

最近、ふと思い出したんだけれど、その評論家は真空管アンプはやっぱり素晴らしいってことで称賛してた。で、アナログレコードに関しては評価してなくて、やたらCDはこれからの時代を変えるとか何とか言ってCD大絶賛だったなあ。

アナログレコードなんて最高に味がある。その意味では真空管アンプと同じような意味合いもあるはずだけど、つまり、その評論家にしても自分が好きなことはOKってことで、他になんのポリシーもなかったんだろうと思う。

楽しい人ではあったけれど、一時から評論家として姿を消してしまって、もう今では名前も聞かなくなった。時代とともに、真空管もアナログもJBLも姿をだんだん変えて行ったり消えて行ったり・・・・その評論家も時代とともに消えたんだろう。彼はいまどうしているんだろう。

ま、名前はここには書けないけどね。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。