Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズピアノのレッスンは必要なのか・・・

僕はジャズピアノを習ったことがない。ピアノに限らず、昔弾いていたギターもベースもドラムにしても、一度もだれかから習ったということがない。それは独学ではあるけれど、いいことなのか悪いことなのかちょっとわからない。

誰かに弾き方を習ってそれからマスターしていくと一番基礎的なこともわかりやすくてマスターするには近道なのだろう。でも、僕はひねくれ者だから誰かから習うってことが昔から嫌いだった。ま、だから上達してないのかもしれない。でも、僕自身はこれでいいと思ってるから後悔もない。

ジャズに限らず、最近はロックも先生がいて教えてくれるらしい。でもなんか変な感じがする。ジャズにしてもロックにして(特にロックは)学校で教わって一律に成果を求めるものでもなく、オリジナルな発想と個性だけがジャズやロックが存在する意味なのだろう思う。だから、習うってことがどうもわからない。自分が弾きたいとおもったメロディーをどうやったらかっこよく弾けるかって模索すればいいだけのような・・・・。

前にロックのボーカル教室ってのがあって、少し見てたら、発声法とかやって歌の練習してたんだけど、あれには参ったなあ。ロックって自分の個性の押し出しなんであって、誰かにロックの方法を学んで始めるものでもないだろうと思う。それでうまくなるのかもしれないけれど、ロックが魂の叫びのような象徴であった時代は終わったんだろうなあっておもってしまった。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。