Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

For All We Know / Keith Jarrett & Charlie Haden Jasmine

キースジャレットとチャーリーヘイデンがFor All We Knowを演奏してるアルバムがあって、滅茶苦茶すきな演奏だらけ。その中でもやっぱりこの曲が一番かな。

キースは長い闘病を終えて、もう速弾きとかヘビーなインプロビゼーションより音楽の安らぎを求めているかのような演奏になった。このまえに、ソロピアノだけの静かな作品をだしているから、伏線としては想像もついたけれど、キースジャレットのこういう音楽のシンプルさをとらえる演奏は本当にうまいし、大好きだ。

そしてチャーリーヘイデンはこの作品の数年後に他界する。今聞くと、この二人が生と死を見つめながら演奏しているような雰囲気さえ漂う。

これはジャズなんだろうけれど、ジャズと呼ぶ必要もない。あくまで、彼らの音楽であって、心が語った記録なんだろう。偉大な音楽を作った人たちには感謝しかないけれど、どれだけ生きる力をもらってきたか、とても伝えきれるものでもない。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。