Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビルエバンスのダニーボーイ

このビルエバンスのダニーボーイは多くのジャズファンが名演にあげる。確かにすごく味がある。聞き入ってしまう。

ビルエバンスでジャズに目覚めたので、彼の作品を否定する勇気はない。でも、多少の好き嫌いがあって、やはり好きなのはリバーサイドの黄金のトリオの時期。あの4作品は永遠の宝であって、それは変わることもない。晩年の作品群を名演として数えるファンも多いけれど、僕はあまり聞きこんでいない。なぜか寂しくなるから。You must bekieve in Springなんて、ちょっと感傷的になって聞き続けるのはつらくなることもある。

このダニーボーイはまだビルエバンスが死期を意識するような時代のものではなく、その分、まだ明るさの中にソロピアノが響いてきては、演奏もきれいで生命力がある。ビルエバンスは圧倒的にトリオが好きで、ソロはさほどでもない。でも、この演奏はやはり素晴らしい。エンディングなど、終わるのかなと思うとまだ続いて行って、ちょっとした遊び感覚も感じるし、精神状態のいいころに録音されたのだろうか、やはり明るいビルエバンスを感じる演奏になっている。

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。