Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビートルズのジャズアレンジ

ブラッドメルドーがビートルズのShe's Leaving Homeをかっこよくアレンジして演奏しているけれど、本当にブラッドメルドーの感性には脱帽する。表現するテクニックも凄いからたいていの曲はジャズにして演奏しきれてしまうのだけれど、こういうメロディーが出すぎるくらいの曲はジャズにすると割と面倒なことが多い。それにもかかわらず、あっさり、しかしブラッドメルドーの曲のようにして演奏してしまうのが恐ろしく凄い。

僕は、中学のころヘビーなビートルズファンになった。それから長くファンであったから、あまりアレンジものは好きじゃなった。やっぱり本家本元の演奏のほうがいいに決まってるからだ。今でも下手な演奏でビートルズナンバーをやってるジャズミュージシャンなど見ると、どうもしらけてしまう。

ビートルズの曲はジャズでも本当によく演奏されている、アル・ディメオラ、パットメセニー、ジョージベンソン・・・キースジャレットも若いころ実は演奏してる。でも、正直いって聞いてて凄い演奏には出会ってない。なにか、単にメローで聞きやすいアレンジになってるだけで、軽すぎる。ビートルズの曲は、メロディーは美しくても、決して軽くない。ものすごい曲の存在感があって、重厚なメッセージを持っているからあれだけ若者の精神をも魅了したのだと思う。だから、軽くアレンジしたジャズはダメなのだ。

ブラッドメルドーだけかな。これだけ鋭角的な雰囲気保ってかっこよくしちゃえるのは。



関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。