Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brad Mehldau - When It Rains

ブラッドメルドーを最初に聞いたのがこのWheb it rainsだった。
めちゃくちゃかっこいいなあ・・・と思って、その日から好きなピアニストになった。

最近、ふと思い出してこの曲を弾いてみようかと思ったのだけれど、簡単そうな雰囲気でありながらかなり難しい。左手のリズムは変則リズムをさりがねく続けている。これが相当難しくて、乱れたり、味がでなかったりでしっかり練習しないとできない。

ただ、そんなことより、ブラッドメルドーの本当の凄さは、彼の感性。ばらばらに散らばったような音が、聞いていると大きなひとつの宇宙のようになってきて、真似のできないブラッドメルドーの音楽になってしまう。

ジャズは個性が大事だっていうけれど、彼の演奏はほとんど一発でブラッドメルドーとわかる。ギターでアランホールズワースというイギリスのジャズロックの奏者がいるけれど、なんとなく彼の立ち位置と似てるかな。演奏がぶっ飛びすぎてて、誰も真似できなくて、それでいて不思議な快感をもたらす音のエクスタシーがある。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。