Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キースジャレットのカントリーの思い出

学生時代、まだロックのほうが全盛でジャズはあまりファンはいなかった。でも、中に一人だけジャズファンの友達がいて、いつもレコード(CDではなくてレコード)を集めていた記憶がある。

ある晩、彼のアパートに行くと、買いたてのオーディオセットに喜びまくっていた。そして取り出してきて、かけたがキースジャレットのカントリーだった。名曲だった。初めて聞いたのにその瞬間に感動してファンになってしまった。

キースジャレットが途中アドリブソロを展開するパートでは、その友達は目をつぶってピアノを弾く真似をして、いわゆるエアーピアノで曲に入り込んでいた。その姿が今もこの曲を聞くと目に浮かぶ。

そのときから僕はキースジャレットのファンになり、今では最も好きなジャズピアニストになってしまった。今もカントリーはしばしば聞く。そして、名曲の出会いと自分が今まで辿った時間を振り返るのだけれど、あれはやっぱり運命の瞬間だったんだと思う。それほど焼きついて消えない情景が今もこの曲から離れていかない。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。