Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランペッターとしてのチェットベイカー

チェットベイカーは歌って演奏もできるトランペッターで、あのスタイルは彼の独壇場ともいえる形だった。だから、チェットベーカーの場合は、歌と演奏はふたつそろって彼の音楽が完成ということなんだろう。

僕は正直なところ、彼の歌にはほ興味がない。ボーカルジャズにもともとあまり興味がないのだけれど、同時にチェットベイカーのあのアンニュイな感じの歌声はちょっと苦手。また麻薬から立ち直って晩年になると、声も震えてピッチも一定しないような感じでどうも聞いていて快適でもなかった。

しかし!彼のトランペットは大好きなのだ。
さわぎすぎず味があって、都会的にあっさりしているのだけれど、そこがいい。もちろん、第一にマイルスデイビスが好きだけれど、マイルスの作品を聞き続けると聞くだけでエネルギーが消費されてしまう。そのくらい聞くものに緊張感を与えるのがマイルス。チェットベイカーはそういう緊張感はまったくない。だけれど、聞いていて快適な白人ジャズのよさがモロに伝わってきて、カッコいい。
サマータイムなんて、この演奏は本当に秀逸だとおもう。


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。