Jazz & My Life
My Profile

Jey

Author:Jey
スパム対策でコメントは受けない場合があります。そのときは気軽にメールください!Sorry that this blog sometimes doesn't accept comments or trackbacks because of too many spams. Please email the blogmaster from below.

トピックによりけりで日本語と英語で書いてます。音楽、旅、食べ物、政治や経済、ちょっと変わった視点で気になることなど選んで書きます。ジャズのピアノトリオで演奏していて活動中です。ジャズの話題、多いです。

Email to Blogmaster

Name:
Email Adress:
Title:
Message:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高倉健さんの死と日本の山、富士山

高倉健さんの死去。

こんな日も生きていればやってくるのだから仕方がないのだろう。
でも、人生というのは確かに山登りのようなものなのかもしれない。生まれて、麓にたった自分がよちよちと山に登り始めて、いつしか自分の頂点を極める。そして、静かに下り道にはいると、心に落ち着きと達観を持ちながら、山登りをスタートした自分の原点である、麓へと向かう。

最期というものはさびしいものではあるけれど、同時に人生という登山を演じきった人間の美しい瞬間のような気もする。僕自身もいずれは自分の山麓へと戻っていくし、そこで振り返ったときに自分の山を自分の走馬灯とともに眺めるのだろう。

高倉健さんの生涯、高倉さんの山は日本人の山でもあった。そしてその山は美しくもたくましく、清き心によって眺められる山であった。高倉健さんの山は、永遠に日本人の心にそびえたつ山なのだろう。

高倉健さんは日本人の山だったのだろうか。心の富士山であったようにすら思える。
関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Search
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。